コンクリートブロックの種類と規格Q&A

建築用コンクリートブロックの種類と規格(A種・B種・C種)、寸法、サイズの規定についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆家の隣地境界線にあるブロック塀を処理したいのですが塀の壊し方について教えて下さい

◆コンクリートブロック塀の壊し方

 ブロック塀の壊し方について見ていきましょう。

 住宅地の隣地境界に立てられているブロック塀に関しては建築基準法上の高さ制限は原則ありません。

 その為、地域の風潮を乱しかねない積み方で設置されているブロック塀も時々見かけます。

 話は戻って、ブロック塀を撤去する際の壊し方について確認していきましょう。

コンクリートブロックの壊し方

 ブロック塀を壊す際にポイントとなるのは、「どの高さまでブロック塀を撤去するのか?」

 という点がポイントになります。

 基礎部分だけブロック塀を残し、上部にフェンスを設置するような加工を施す場合と、コンクリートブロック塀の全撤去では手順が異なる為です。

 コンクリートブロックの全撤去の場合は、破壊したブロックが隣地側に崩れ落ちる可能性もある為、対象となるブロック塀がある隣地に相談の上作業を開始する必要があります。

 可能であれば、撤去作業の際に敷地へ踏み込んで作業を行う事を認めてもらい、隣地の敷地側から自宅側へハンマーなどで叩いていく方法が基本です。

 あると便利な工具は電動ハンマ、かなづちだけで十分です。

 但し、コンクリートブロックは構造上、鉄筋が配筋されているケースが大半ですからディスクグラインダーが最終的に必要になります。(昔のブロック塀には鉄筋が配筋されていないブロック塀も実は多い)

 作業手順は、中断から一気に壊すのではなく、上部からコツコツ削りとっていくようなイメージで撤去していくのが理想です。

 電動ハンマを使用したことがある方はご存知かと思いますが、コンクリートブロックは割と細かく崩れるように落ちていきます。

 時間はかかりますが、突然倒れて塀が家を傷つけることがない為にも、コツコツ作業を行うことが大切です。

 ブロック塀の長さにもよりますが、一人で作業をする場合、ブロック塀の破壊、ゴミの収集、廃棄物の撤去まで行えば丸一日はかかる作業です。

〜ポイントのまとめ〜
★全撤去か?一部撤去か?
★電動ハンマとかなづちは必須工具
★鉄筋が配筋されている場合はディスクグラインダーが必要