コンクリートブロックの種類と規格Q&A

建築用コンクリートブロックの種類と規格(A種・B種・C種)、寸法、サイズの規定についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆建築用コンクリートブロックのサイズ・寸法の規定について教えてください

◆サイズ・寸法の規定

 建築用コンクリートブロックのサイズ・寸法について見ていきましょう。

 建築用コンクリートブロックの中でも一般的に市場で流通しているサイズ・寸法は、
●コンクリートブロックの厚さが10p
●コンクリートブロックの厚さが12p
●コンクリートブロックの厚さが15p
●コンクリートブロックの厚さが19p
 の4つの厚さのブロックが基本です。

 建築用コンクリートブロックはそれぞれの厚さごとに
●基本用(基本ブロック)
●横筋用(鉄筋を横に配筋出来るタイプのブロック)
●端部用(コーナーブロック)
●端部用2分の1(2分の1サイズのコーナーブロック)
●天端用(笠木コンクリートブロック)
●飾り用(スカシブロック)

 など様々な種類の建築用コンクリートブロックが存在します。

 以下に建築用コンクリートブロックのサイズ・寸法の規定をまとめておきますのでご確認くださいね。

 尚、サイズ・寸法表の単位はmm(ミリメートル)単位です。

【建築用コンクリートブロックA種・B種・C種の規格規定一覧表】
コンクリートブロックの厚さ厚さ10p厚さ12p厚さ15p厚さ19p
基本ブロック390×190×100390×190×120390×190×150390×190×190
横筋用ブロック390×190×100390×190×120390×190×150390×190×190
コーナーブロック390×190×100390×190×120390×190×150390×190×190
2分の1コーナーブロック190×190×100190×190×120190×190×150-
笠木ブロック390×120390×150390×190-
スカシブロック390×100390×190×120--

〜ポイントのまとめ〜
★市場で流通しているサイズ・寸法は4種類
★建築用とによって使用されるブロックも異なる
★サイズ・寸法表の単位はミリメートル表記